2017年03月25日

不仲な陸海の共同戦線

ブログを書く時間とネタを考える時間が全くない、いずみんです。
今回はですね、ダートフィールドの3月定例会に参加してきましたので、その戦闘報告を纏めてきた次第で。



いきなりですが、今回のベストショット。
開けた場所に軽機が陣取り、味方の前進を援護する。という、本物の戦闘みたいな場面が良かった(こなみ)。


ということで、ダート3月定例会です。参加者は25名程。・・・だったと思う(1週間前故、既に記憶が曖昧というグダグダ畜生ブログ)。

コチラは集合写真(撮影した写真を全部使おうという魂胆が見え見え)。
この日は程よく暖かい1日で、ガスガンも快調に作動。1発撃つ度にガス漏れを起こしていた南部もしっかり作動してくれました。

 
セーフティーにて、近接戦闘武器による怠慢勝負が勃発。

荒ぶる鷹のポーズ。
※この後、二丁ピコハン持って自分も乱入しましたが、結果は隊長の勝利に終わりました。隊長は普段通りに戦うだけでしたので、余裕の勝利でした(;・∀・)


この日は何時ものフラッグ戦に、カウンター戦。そして大統領戦を行いました。
大統領って聞くと不穏な空気が漂う昨今ですが、このゲームは単にVIPを所定の位置まで送り届けるだけですので、平和です(なお送り届けられなかった模様)。


まァでも、なんだかんだで楽しかったのはカウンター戦ですかね(;・∀・)

い「聞けーッ、我々は今夜出撃し、高地を奪回する!此処にいる全員が参加する!最早何処の部隊だろうと関係ない!」

隊長「・・・」ソロリソロリ...

い「おい!貴様!!」トウボウシャハジュウサツサレル!!

一同「www」


↑逃亡者の末路。

い「今回は陸海共闘なのだ!敵前逃亡などもっての外だ!行くぞーッ!」

ナ「では諸君!セーフティーで会おう!」

い「それは敵性語だ!靖国で会おう!」


隊長「スタートーーー!!←敵性語」(ブレない隊長)

い「天皇陛下!!ばんざーーーーーい!!!!!」

ナ「突撃前ぇーーーーーー!!!!!!」


※結果はご想像の通りです。



米軍(立場上そうなった人たち)。
最近はすっかり見慣れた2挺のBARですが、この日の最終戦では結構お世話になりました()。


「我、敵機関銃ヲ鹵獲ス」
放棄された敵陣地にて、アメ公の分隊支援火器を発見。日本の勝利である(大本営発表)
まあでも、実際に突撃が成功して、敵を複数人倒すこともありました。「やればできる」は魔法の合言葉です()。

今回はここまで。
最近、銃剣突撃の成功率が上がってきました。刺突爆雷の復活も近いかも(おいやめろ)
今は取り敢えず、馬鹿でかい日章旗の寄せ書きを造ってるところですが・・・銃剣も欲しいなァ(やめろっての)

おまけ

空挺部隊。・・・って言ったらイジメ認定されんやろ(問題発言)


のし

  
Posted by いずみや一等兵 at 11:16Comments(0)日本軍サバゲー

2017年03月12日

我が戦線は積雪120cm

いずです。
なんでこの間のDANDAN戦の記事を書かないのかって?
腰痛につき筋トレを控えた結果、体力がガタ落ちしてしまって思うように動けなかったので記事にしたくなかったからです。
一山登っただけで息は上がるし足は痛いしで、セーフティーで轟沈してました。ゲーム自体は面白かったんですけどね・・・(^_^;)

んで筋トレを再開した結果、日々のストレスが蒸発しました。
ストレス解消、筋力増強、サバゲにも多大な影響を与える、お金も時間も不要。

そして何より、「やってよかった」と思えること、これが最も重要です。
こういう風に考えられるようになると、もう筋トレはやめられない止まらないかっぱえびせん。残業終わりや雪の日でも構うことなくランニング。そんでランニングが終わると、


「だのじぃぃぃぃぃぃ!!」

なんかこんなテンションになるんです。いやね?自分の足で地面を蹴って、美味しい空気を吸いながら、良い汗かいて、なんにも考えないで走るのがこんなに楽しいものかと。いやもう本当に楽s(ry


まぁ、お陰でブログ書く時間が無かったんですけども()。


はい、そんな意味不明なテンションで迎えた仁多フィールド戦。
高低差の激しいフィールドで、果たしてどこまで戦えるのか。

というか高低差の前に積雪がヤベエ。120cm近くある三八よりも積もっていやがるΣ(゚Д゚;

雪✕南方装備とかいう違和感の100時間労働。
ま、まぁかつてニューギニアで、富士山みたいに高い山を南方装備で乗り越えて進撃するとかいう荒業を行ったこともあるので、決して似合ってないとは言い切れませんけど・・・。

あ、因みにその作戦は失敗したそうです。知ってた。

  
まぁ、積雪は凄かったのですが、それはフィールドの一部のみの話で、ゲームは何ら問題なく行えました。久々の森林フィールドにテンションMAXで、腰や体力のほうも問題無し。米兵の評価みたいな「森を自由に動き回る」が出来て満足でした。


更に、南方装備の1つである「身体用偽装網」も効果絶大だったようで、はじめさんですら「どこにいるか分かんなかった」と言われる程には擬態していたようです。研究して造ったただけに嬉しいお言葉( ´艸`)
お陰で先手必勝&位置バレしないで入れ食い状態。少なくとも20人近く倒せたかと。フルオートで撃ってくる相手に必殺の一撃をお見舞いするのは最高に気持ち良いもので・・・。

それと、


い「あ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”!!!」

敵さん「ぎゃああああああああああ!!!」


このフィールドは万歳突撃がやりやすいです(´・∀・`)
弾が無くてフリーズコールも出来ない状況なら、万歳突撃おススメです(何言ってだこいつ)

茶番にお付き合いいただいた方々、本当にありがとうございました。そして、過度に驚かせてしまってすみませんでした(;´Д`)
突撃に突撃で返し、周りの方々も見守るだけ、そんな状況で組み合って(るように見えるだけの茶番)崩れ落ちる。世にいう「ブシドー」ってヤツです。

今日だけで何回白兵戦を行ったことやら・・・・(´・∀・`)
前半は狙撃に徹していたのに、後半はひたすら突撃していた記憶があります(-_-;)
スキャットの面々が先に靖国に行った(帰宅された)あと、頭に鉢巻・銃に日章旗の「撃ってくれ」スタイルで突撃。


これが良いんですよ!!(ドドンッ


突撃し、相手陣地を蹂躙して玉となって砕けた瞬間、

「だのじぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ!!」

こうなるだけの1日でした・・・(笑)


今回はここまで。
サバゲ終わったあとに身体が痛いってのは分かるけど、喉が痛いってのは良く分からん(叫び過ぎ&歌い過ぎ)。

あ、紹介が最後になってしまいましたが、仁多フィールドさんに行くと、コチラのカードで会員登録が行えるようになったみたいです。
自分はナンバー39でした(惜しい)。愛してるんだァァァ三八をぉぉぉ(ry

それからそれから、セーフティーの小屋が凄いことになっていました。本格的すぎて言葉が出ないです(^^;)
また日本兵装備で狙撃したくなったら参加させていただきたく思います。来月に控えたボルトアクションオンリー戦にも参加させていただこうかと。
例え泳いででも仁多フィールドさんにたどり着くぞい!

ではまたお会いしましょう。
のし




  
Posted by いずみや一等兵 at 23:11Comments(0)日本軍サバゲー

2017年02月20日

サバゲに麻雀に武装JK

いずみんです。
今回は、我らが湖陵ダートフィールドの今年最初の定例会に参加してきましたので、適当に日本語を並べておこうかと思ったんです。
いやホント、自分のブログなんて、「文章」じゃなくて「日本語が並んでるだけ」ですよハイ(´・∀・`)

ではすたと。・・・の前に、

この度、マルシンの南部十四年式拳銃を衝動買いしました。
燃費の悪い銃ではありますが、命中精度はまぁまぁ良い。また初速が低いので、近距離で撃っても大して痛くない。すなわち威力不足という、実銃の欠陥までも見事に再現されていて大変素晴らしい1挺だと思いました()

初投入ながら、5ゲームで7キルという戦果を挙げてきてくれました。意外と良い買い物だったかもです(ただしガス漏れ、テメーはダメだ)。



それでは改めて本題へ。

 
今回の参加者の方々です。
前日まで参加表明が少なかったので、多くても15人くらいかなと思っておりましたが、度重なる悪天候で溜まりに溜まっていたサバゲーマーのフレンズが30人も集まりました。

30人ならキャパ的にも全然問題無し。
最近はセーフティーの環境を良くすることに力を入れているので、幾つかテーブルを設置しておもてなししました。

こちらがそのテーブルです。・・・ここサバゲフィールドだよな(´・∀・`)


・・・・・うん、サバゲーフィールドだな(オイ)

というかこの麻雀台にさり気なく南部十四年式を置いたら、一気にはだしの〇ンの賭場荒らしっぽくなりますね(;・∀・)
サバゲーしながら麻雀もやりたいという方は是非ウチに(ストライクゾーンが狭すぎる。。。)

あ、ガンラックも造りました。銃はやっぱり並べてあるほうが良いですよねー( ´艸`)
サバゲのほうも楽しいので、是非うちにお越しください!(サバゲがオマケのような宣伝をする無能ブログ)


さてさて、今回も参加された方々には愉快な方々が多かったので一部紹介しておきます。


 
久々にバレット(自撮り棒)を持って来られた団長に、

デルタフォースや、

 
武装JK(ち〇こ付き)と、

コミケに居そうな人が参戦しました!身内が残念すぎる!

また、団長によるVSRのたたき売りもありました!(大嘘)。
団長、お1人でVSR一通り揃えられるのであれば、お次はばくおn(ターンッ


では今日のハイライト。

ハンドガン戦にて、武装JKの貴重な戦闘シーン。
まったく溶け込んでいないので、オイオイオイ死ぬわアイツと思うかもしれませんが、彼(彼女?)の潜伏スキルは、今回集まった30人の中でもトップクラス。なのでこの恰好で何十人も敵を倒してきます。自分もよくやられます。・・・悔しいけど上手い(^^;)



コチラは、たけし城籠城戦(ターミネーター有り)にて、無敵のターミネーターに追い回されて疲れ果てる団長の巻。
この写真を撮影した時点で1対7。しかも敵の1人はターミネーターという、どう足掻いても絶望といった状況。

疲れすぎてリーパーくん(象)に身を預ける団長。
ハァハァ(;´Д`) と息を切らすこの絵面、なんだか異種姦みてぇですな(´・∀・`)

そんで結局、ターミネーターに追い詰められて天に召されるの巻。・・・このアングルは地味にヤバい(;´Д`)



そして最後に自分の戦闘記録ですが・・・・。
実はぎっくり腰を患ってしまいまして、今日は身体と相談しながら程ほどに動こうと考えておりました。
しかしながら、第2ゲームでまさかの11キルを達成。途端に30人切りに挑戦したい衝動に駆られ、ついつい激しく動き回ってしまいました。

メインは勿論vz61。しかしコイツの純正バッテリーは本当に容量が小さい。1日撃ちまくってると、あっという間に元気を失います。
30人切りを目前にして達成できずにいる主な原因がコレ。。。コイツの容量がもう少し大きければ、30人切りを達成できるのになぁ・・・・。

んで今日も、残り2ゲームで6人倒さないと30人斬りを達成できない、という状況の中でバッテリー切れ。
ここからの数キルが結構キツイんです。vz61以外の武器を持つと、途端に戦果が行き詰まるので、早くも諦めムードのワイ。

い「ハァ・・・今回も無理なのか・・・(-_-;)」

と思っていましたが、今回は日本軍の武器が健闘してくれました。
前述したとおり、十四年式は初投入ながら7キル。三八式も、妙な弾道を描きながらも4キル程とってきてくれました。

そして最終ゲームが終わると、総戦果は35キル。記念すべき30人目を倒したときの武器は、南部十四年式でした。セミオートマチックでいて、1マグ11発しか入らないコイツがやってくれるとは・・・。

しかし十四年式で無双すると、なんだか舩坂弘になったみたいになりますわぁ(n*´ω`*n)
十四年式拳銃いいなぁ。外観は良いし、性能も上々。これがたった2万円だなんて、凄いですねぇ!(下手クソな宣伝をする無能ブログ)


はいということで、さり気なく30人斬りを達成しました。うん、取り敢えず、暫くは戦果に拘るのはやめておきます。
これからはサバゲの楽しさを、また違った視点から考えて見出して逝こうと思います。

まぁでも、vz61以外の武器も扱えるようにならんとなぁ。AKとかSOCOMとか・・・。
・・・んな時間ねぇよ(;・∀・)

まぁゆっくりのんびりと、ね。趣味なんですし(^^;)

今回はここまで。
人数も多く、個人的な目標も達成。久々に師匠に脳天をぶち抜かれ、武装JKに倒され、最後はみんなで万歳突撃・・・・。大の字で倒れながら終了コールを聞く・・・・。やっぱサバゲって最高ですね。
次のサバゲ参加は何時になるやら。

あ!ダートフィールドの定例会は毎月第3日曜日ですので!(下手クソ無能ブロg(ry

ではまたお会いしましょう。
のし




  
Posted by いずみや一等兵 at 00:25Comments(2)サバゲー

2017年01月04日

DANDAN新年1発目!冬の30人斬り?

明けましておめでとうございます。いずみんです。


ちょっと痛いブログではありますが、今年もよろしくお願いいたします。




さて、今回はですね、バトルフィールドDANDANにて、新年1発目のサバゲーをしてきましたので、適当に日本語を並べてレポートしておこうと思います。

新年1発目のゲームということで、3~40人程の参加者が集まりました。
M40A5で参戦される方もチラホラ。みんなでお年玉のBB弾をぶつけ合いました。

「(このお金以外)他にはなあんにもないの(泣)」
なけなしのお年玉を払うグレーテルの図(´;ω;`)


そんなこんなで戦闘開始。
今回も、「30人倒さないと家に帰れないルール」を設置。リーパーズやSCATさんのお知り合い方は全員が敵となったため、30人斬り達成を目指す自分と、それを阻止せんとする顔見知りとの闘い、ってな感じになりました。


午前中4ゲームで10人撃破。自身も3回被弾す(ほぼ全てお知り合い方にやられましたw)。
午後はチーム替えがあったものの、身内は殆ど敵のまま。師匠もM14を置いて、AK片手に30人斬りを阻止せんと向かってくる。

午後1番のゲームは特殊メディック戦。
被弾した人はその場に座って待機。まだ生きている味方プレイヤーが、その人をスタート位置まで引っ張っていく。すると被弾した人はその場で復活し、戦線に復帰することができる。
しかし、被弾した状態で敵プレイヤーに発見され、敵の復活地点まで引っ張られていくと・・・・、今度は敵チームの一員として復活し、かつての同胞に牙を向く・・・・。というメディック戦。
なおプレイヤー全員がメディックで、1度に引っ張ることができるのは1人までとなっている。


・・・・・・というルールを説明したかったタカさん、なかなかみんなに伝わらず途方に暮れるの図。
それでもなんとか伝わって、ゲーム開始となる。

「メディック助けて~~!!(泣)」

「いやぁあああ!やめてぇえええ!!連れて行かないでぇえええええ!!!」

「俺まだ初めてなんだよぉぉぉぉ!!」←!?

激戦区のど真ん中で座りっぱなしの者、敵陣に引っ張られていく者、ホモの断末魔、もうわけわかめ。
ゲーム序盤は膠着が続いていたものの、復活したメンバーの分だけ、チーム員が増えたチームが優勢となり・・・

劣勢となったチームは、追い詰められた日本軍のように駆逐されていった。
1月にもかかわらず汗だくになる程ハードではありましたが、なかなか面白く、参加者からも好評でした。


その後、三つ巴戦では、共闘を持ちかけようとしていた敵さんを容赦なく張り倒し、山から下りてきた米兵に7.65mm弾を叩き込み、30人斬り達成まで残り7人となる。

はっはっは!戦いにルールなど無いのだ。矛と盾を持ってる相手に、石をぶん投げて勝ったという古い話がある。
この間の戦争だって、戦艦を空母艦載機て粉砕していた。時代は何時でも卑怯に戦った者が勝つのだ()。卑怯のどこが悪い!()俺は正々堂々卑怯に戦うぞぃ!

・・・・年始から何言ってだこいつ。


ラストゲームは20分間の無限復活戦。
最初の5分で4人撃破し、残り3人となる。

い「んんwwww30人斬り達成以外ありえませんぞwwwwww」

論者現る。無理もない。残り15分間で3人を倒す、このフィールドの大きさ的に目標達成は厳しくないように思えたのだ。
この冬、ようやく30人斬りを果たせる。敵はもうグロッキーだ。こちらも疲れてはいるが、決戦意識が思考を萎えさせない。
モスクワまで100キロ、勝利は目前にあった。

い「Vやねん!DANDANフィールド2017!!」

しかしいずみんは失念していた。ドイツ軍は勝利を目前にして包囲殲滅され、勝利どころか崩壊への一途をたどることになることを。
敵は山とCQBエリアに戦線を構築し、こちらをヒキ肉にする用意を整えていたのだ。

味方の突撃は無残に引き裂かれ、前進に成功した者は山の狙撃手に眉間を撃ち抜かれ・・・。そこを走り抜けて突入したところで、また、防御がある。
要塞そのものが近代を象徴していた。特に、狙撃手と連携した敵さんの逆襲は、味方を木端微塵にしていた。

そんな状況下で、残りの3人を倒すのは至難の業だった。気が付けばゲーム時間はあと1分。

味方一同「うおおおおおお!!」

最後の突撃が開始された。自分もこれに便乗だ!もうなんでもいい、なんでもいいからあと3人倒すんだ。

倒さないと家に帰れない!!それらけはらめぇええ!!!

い「目指すは家康の首ぃいいいい!!」

味方一同「う”お”お”お”お”お”お”お”お”お”お”!!!」

い「あ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”!!」

※藤原〇也のbotではありません。


敵一同「ダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダ い「ぎゃあああああ「ダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダd


結果

い「いやあぁ~~~~!!!」

帰れませんでした。
総戦果は29人でした。う~んこの。そして、凄くどうでもいいけど爪が長い。

いや、でも聞いてくれよ。あの日は俺が一晩中ずっと勝ってたんだぜ?ところが急にヤツが勝ち出しやがって、気付いたらスッカラカンになっちm(ry

いや違う違う。アレだよ。去年12月の30人斬りチャレンジの時のアレ。連装砲の人と、jiveさんとtadaさんの包囲網。アレがまた立ちはだかったんよ。


しかもその包囲網に、はじめさんまで加わってたんですよ?
真田家を恨む家康の気持ちが凄く良く分かる最後でした・・・・。

まあ言い訳はその辺で。戦果としては自身最多タイですし、戦果だけでなく、新年の交流も新しいゲームも楽しかったので良い1日でした。
・・・・今年は今日を上回る活躍が出来るのか?出落ちだけは勘弁してくだち。


今回はここまで。
新年早々、腰振ったりSCATさんのメンバーの胸を揉んだり銃を舐めまわしたり、なんかもうそっちの方が心配になる今日この頃。ホ、ホモちゃうで?
あと、正面から撃ち合って勝てる技術を身に着けたいです()

それでは、今年もどうかよろしくお願いいたします。

のし


  
Posted by いずみや一等兵 at 15:04Comments(3)サバゲー

2017年01月01日

終末じゃなくて年末!大山ラスゲー

いずみんです。
ネタと時間と出会いをくださぃ。

はい、今回は・・・2016年のラストゲームとして、大山フィールドに行ってきました。

お ま た せ
このお方は、ワイの師匠・・・ではなくてですな、ワイの師匠のお知り合い、「キャプテン・マーベ〇ス」さんや。
師匠は先週のゲームで撃ち収めでしたので、今回のゲームは不参加なのですわ。

というのは冗談で、ウチの師匠ですハイ。なぜこのような被り物をされているかというと、

『SNS等で「今年のラスゲーお疲れ様でした!皆さん!来年も楽しいサバゲーライフを送りましょう!!では!!」と呟いた人は、その年が明ける前にサバゲーに参加する場合、素顔を隠さなければゲームに参加できない』

という、意味不明な上にめんどくさいルールを守っているからなのです。

因みにワイは、そんなルール関係なしに被り物してました。師弟でネタ被り、これは痛い。被り物だけn・・・・

ギュルルウウウウウウウウブチュブチュビュリュギュチャッ(いずみやがミンチになった音)

冬に寒いこと言ったのは謝るけど、これは酷いよ!
・・・・・・・・・・・どうでもいいけど、なんとなく「もの〇け姫」を思い出しました。

 
右の写真を再現したかった。流石に無理でした(´・∀・`)
というか、リーパーズが周囲からどんな目で見られてるのか、軽く心配になりそうなのですが、それは大丈夫なんですかね?

大丈夫だ、問題n「なんだ手遅れか。


・・・・はい!(デジャヴ)
ほぼ3か月ぶりとなる大山フィールド、先ずはフィールドの様子をば。

 
ブッシュは冬らしい色合いになり、貫通度もマシマシに。
その分バリケードが増えてました。それだけでなく、崖を登りやすくするために、斜面が削られている場所もありました。
来る度にフィールド仕様が変わるので、適応力があるプレイヤーに有利かもですね。

そんで今回の参加者の方々。その、適応力のあるベテランが揃ってました^^;

これだけベテランが揃うと、木スト銃が揃います。日本軍の銃は、三八式歩兵銃と騎兵銃、そして九七式狙撃銃もあり、総計6挺と火力は十分。これだけ日本軍の銃が揃っても、弾薬の互換性があるなんて、ある意味凄いことです(泣)。

 
九七式狙撃銃。
日本軍好きのみならず、その特徴的な構造が参加者の目を引いておりました。
見た通り、狙撃眼鏡が銃の左側に取り付けてあり、その狙撃眼鏡に槓桿が干渉しないよう、ちょいと曲がっているのが特徴です。
あと、よく錆びる上に大して役に立たない単脚もついてますよ!


  
他にも、様々な銃がありました。・・・・トンプソン、見た目は良いけど、弾道が。
銃だけでなく、装備も統一されてる方々も居られました。来年もこんな、のんびり楽しくなゲームがしたいですね。


 
あ、自分は「なんちゃって終末装備」で参加してました。銃が汚ったないのに服が綺麗。・・・まだまだ突き詰めていかないとです。
あとAKの弾道にも慣れないと。年明けから忙しい・・・。

まあのんびりじっくりやっていければ良いですね。17年は気長に行きます(;・∀・)
16年よありがとう。17年の末には何をしてるのやら。案外2挺目のKTW銃に手を出してたりして。・・・・そりゃないか(´・∀・`)


今回はここまで。
先月、1記事しか投下しておりませんでした。何時も自分の記事を心待ちにしておられる読者の皆様、スミマセンでした。

特に団長さんスミマセンでした。
というか団長さん、至近距離FF、オーバーキル、背後から胸揉、下ネタ口撃連発、「悪いお年を」発言等々、いろいろとすみませんでした。今年はもうちょい気を付けて掛かります・・・・(;・∀・)


最後に

  
終末装備組を並べてみました(タカさんは1番それっぽいですが、それっぽいだけの関係ない装備です)。
・・・・・終末装備はイイゾ(ボソッ

それでは、今年もよろしくお願い申し上げます。
のし



  
Posted by いずみや一等兵 at 12:52装備サバゲー

2016年12月18日

30人倒すまで帰れま10!! ダートフィールドラスゲー!!



「お前ブログ更新しろyo」「〆切近いぞ」「いずみや?誰それ刹那で忘れちゃった。まぁいいかそんな奴」

ぼく「」



どうも、いずみやです。
いろいろありまして、ブログを放置しておりました。申し訳ございませんでした(なおこれからも放置する模様)。
時間とネタと気力をください(切実)。

・・・はい!まぁそういう話は置いといてですね、今回は、我が湖陵ダートフィールドの、今年最後のゲームに参加してきました!

 
今回の参加者の方々です。
30名以上の方が集まり、その半数が初参加の方でした。「サバゲー」という未知なる世界、如何だったでしょうか。楽しんでいただけたなら幸いです。

来年もまた来てくれるかなー?

シーン・・・

ぼく「」
 ↑人望ナシ(´・∀・`)



・・・はい!(デジャヴ)冬の寒さを超えるほどに寒いギャグは置いといて、今回はですねー、最終ゲームということもあって、通常のフラッグ戦やカウンター戦だけでなく、スパイ戦、メディック戦に籠城戦(ターミネーター有り)も行いました!

スパイ戦ではスパイに選ばれ、メディック戦ではメディックに選ばれ、籠城戦ではターミネーターに追いかけられ・・・もう、大変でした!でも楽しかったです!!(語彙力)


それと私事ですが、前回のゲームから日が開いたためか、ゲーム前日から「人を撃ちたい衝動」に駆られてまして、それが引き金となって、30人倒すまで帰れま10という自分ルールを設けました。
1日の総戦果が30人を超えないと家に帰れないというルールです。非常にどうでもいいですね(汗)。むしろゲームに集中し過ぎて、写真を全然撮れませんでした。う~んこの(´・∀・`)

因みに私、1日の総戦果が30人を超えたことはありません()
果たして、どうなることやら。以下どうでもいい軌跡。

午前中の4ゲームで運良く12人を仕留め、残り18人に。このまま逝けば30人など楽勝だわ!!なんて思ってたら、弾薬が無いことに気付く。

・・・・・(´・ω・`)アカン

ということで、お昼休みのハンドガン戦は、弾薬節約のためSOCOMではなく、エアコキガバメントで参戦。2ゲームで1キル。・・・・・これはマズイねぇ(´・ω・`)


しかし、天は我を見放してなどいなかった。

お昼休憩明けのスパイ戦で、なんとスパイに選ばれたのだ。
上手く立ち振る舞えばキル量産。30キルも夢じゃない。・・・ふひひひひぐひひひひひ(ry

↑スパイ選出用のトランプが無かったため、急遽、連装砲の人のカードにテープ貼り、そのテープが貼られたカードを引いた人がスパイ、ということにすることに(;^ω^)
人数が多かったため、スパイは1チームに2人となりました。スパイ同士はお互いがスパイだということを知らないため、その辺りを上手く考えないと活動前にやられてしまいます。

取り敢えず、5人ほど集まっている場所にナチュラルに接近。周りの状況や情報を利用しつつ、頃合いを見計らって全員を始末。しめしめと思ったら、どうやら味方のスパイの方まで倒してしまったようで・・・・フレンドリーファイアすみません。

その後、寝返る側だったハズの相手チームに撃たれ無事死亡。早すぎる天罰。
スパイさんを除く7人を倒し、30人キルまで残り10人となる。これは大きい!繋いだ、繋いだ、日本〇理の夏はまだ終わらなぁーい!!



その後、メディック戦では、先ほどセコい倒し方をしてしまった皆様を復活させまくり、キルは1キルのみで、30人まで残り9人となる。
籠城戦では目立った活躍は出来ず、ターミネーターに追われて、ひたすら怯えていたため戦果ナシ。この頃から弾薬と集中力が枯渇し始めており、戦況はますます厳しくなる。

しかし最終ゲームはカウンター戦。30分間の無限復活できるゲームならば、9人くらいサラッと倒して気持ちよく帰れるはず!

・・・・と、思いきや・・・・


手始めにCQBエリアを進むと、正面にグレーテル(連装砲の人)を発見!うおおおおおおおお・・・撃ち負ける(´・ω・`)
まだまだぁ!再度グレーテルに挑もうとすると、左側面の森からtadaさんに狙撃される。
ぐぬぬ、ならば右側面から!・・・と思ったら、45m離れていても10cmあれば十分な師匠が、45m先に居る。・・・・スタート位置に戻る。

正面にグレーテル、左の森にtadaさん、右側の高い所にjive師匠。・・・・・良く分かる詰みの図(´・∀・`)



味方も誰1人この壁を崩せない。当然、自分のキル数も伸びない。・・・・・いやいや諦めんよ!?ここまで来たのだから!ここで終わっては今まで倒してきた方々に申し訳が(ry

まぁ落ち着け、銃を向けられたんじゃビビッて話もできない。時間はある。9人くらいならなんとか・・・・・・



結果


総戦果28人。・・・・・・・・・(゚Д゚)


・・・・NDK?NDK?NDK?


orz


うん、あの鉄壁には勝てなかったよ。グレーテルに6回、tadaさんに3回くらいヤラレて心が折れました。jiveさんには、やられはしませんでしたけど、単に、勝とうとも思わないって思考で敬遠しただけでして。。。


結局、ぼくは帰れなかった。
・・・・じゃあ今このブログを書いてるぼくは誰なんだ?

・・・・・・・テレレレレン♪テレレレレン♪テレレレレン♪テレレレレン♪(世にも奇妙な物語のテーマ)


はい。 だ め で し た 。
知ってたって?うん。・・・・今年を締めくくるには丁度いい落ちだったかもしれないです(´・∀・`)
来年から本気出すわ(´・∀・`)


最後に、話が艦隊進路330度くらいに変わることなりますが、

 
本フィールド初の、女性ゲーマーの方々の画像をば(ドドンッ
はい。初めての女性ゲーマーの方々です。しかも4名も!しかも武装JKまで!!
なんかもう、「うおおおおおおおお!!」とか「くぁwせdrftgyふじこlp;」って感じです!


(語彙力の無さ)


今回はここまで。
楽しい1日でした。初参加の方々が多かったので、来年のゲームも気になるところです。
それまでにフィールドを少しでも楽しく快適なものにしたいです(今回も多数の募金をありがとうございました)。

取り敢えず、更衣室とトイレの設置ですかね・・・(;・∀・)



おまけ


団長さんとのモッシーツーショット。
最近、おじゃ〇丸のデ〇ボのように密かに筋肉を鍛えてるワイですが、こうして団長さんの隣に立つと、なんというか、ニョロニョロョみたいに細いですよね(´・ω・`)


・・・・締まらない最後(´・∀・`)
のし


  
Posted by いずみや一等兵 at 21:39Comments(4)サバゲー

2016年10月24日

ボルトアクションオンリー戦。歴史は繰り返す。

いずです。
ボルトアクションオンリー戦に参加してきました。


文字通りボルトアクションライフルのみで1日を戦う、中国地方最大(?)の頂上決戦。今年はどんな結末を迎えますか。


参加者の方々。
例によってボルトアクション大好きな方々が集まりましたが、前回よりも初見・初参加の方が多かったようにも思いました。

途中、雨が降る場面もありましたが、森林フィールドなのでゲーム中はほとんど気にならず、セーフティーも屋根付きの建物が多く建っていたので、銃が濡れることもありませんでした。自分のブツは木と鉄で出来てるので有り難いです(^_^;)


しかもこの受け付け用の建物、なんと・・・・


床がべトンで出来てます。屋根も見るからに丈夫な造り。凄すぎ・・・。
セーフティー全体も広くなってましたので、次に来たときはどうなっているのか、今から楽しみです♪


それではそろそろゲーム開始。

全員がボルトアクションライフル装備という見慣れぬ光景が広がります。
団長がギリー被って軽装備なのは今日くらいかと。


んで自分の恰好は何時ものコレ。
造花迷彩は絶大な効果を発揮してくれました。元々、仁多フィールドさんのような森林フィールドを意識して作った物なので、造花の中に本物の草を3本も付け加えれば、十分に溶け込みます。

「ヤポンスキーめ!それで隠れたつもりか~!!」 ※ヤラセです。
・・・・ロシヤ兵に後ろから殴られると、対日参戦の日を思い出す。


さて、そろそろゲーム開始(2回目)。
この日はフラッグ戦と籠城戦、そしてカウンター戦が行われました。

籠城戦は、牛舎を死守する6名の守備隊VS残りの参加者全員という構図。制限時間は15分。・・・・・結果は見えてるんだなぁ。

い「我々はこの弾薬庫(牛舎)を死守する!陛下はこの恩土地を死守することを、期待されておる!!」

・・・なに言ってだこいつ。
そんなこんなでゲーム開始。開始4分で2名が倒れ、守備隊残存兵力は牛舎へ退避。そして・・・・敵の突撃icon07

敵一同「うおおおおおおおおお!!!!」
C「敵が正面から来tうわー!ヒットー!!」

目の前でcorgiさんがやられたとき、リアルすぎて絶望感がヤバかった。直後、自分も名誉の戦氏を遂げ、守備隊は2名に。・・・・まだナキャオ一等兵殿が残っている!

<「まだいるハズだー!探せー!」

<「そこにいるぞ!撃て撃てー!!」

<「お国のためにー!!」

牛舎の中で敵味方の怒号が飛び交う。まるで魔女の鍋だ。しかし傍から見てると超楽しい。ナキャオさん頑張って(ゲス顔)

< ナ「うわぁぁぁ天皇陛下ばんざーい!!!」

と、ナキャオさんの最後の言葉が聞こえた。玉が砕けるような美しい最後だ。見えないけど。
程なくして守備隊は全滅。5分と持ちませんでした(汗)


んで裏ゲーム。今度は攻めます(責めます?)。牛舎絶対トリモロスicon05

ゲーム開始3分で、敵守備隊は半減。味方はだいたい位置に付いた。さぁ・・・・愉悦の時間だicon06

い「突撃ぃいいぃぃい!!」

味方一同「わ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”!!!」


先陣きって牛舎へ突入するが、誰も居ない(´・ω・`)

い「どこじゃあああ・・・・・(´・ω・`)」

・・・・居ない(´・ω・`)
居たらしいけど、会えなかった(´・ω・`)

取り敢えず反撃もなかったので、敵は全滅したと判断してみんなで万歳三唱。・・・・・してたら、生き残りの連装砲の人が出てきてビックリしました。
この人やっぱり持ってるわ・・・。

籠城戦、恐ろしい子。ですが展開も早くて面白いゲームでした。
守備側の勝率ですか?・・・・あのね、世の中にはね、負けると分かってても戦わなくてはならないことだってあるのよ!


そして、最後のカウンター戦でもやっぱり万歳突撃が行われました。しかも反復攻撃。歴史は繰り返す(繰り返しすぎ)。
1度は迎え撃つ敵さんと白兵戦(ヤラセ)を行い、相打つ場面も。ボルト戦は弾幕が存在しないので、正面から突っ込んでも十分通用するのだ!

・・・・なーんて思っていた時代が、僕にもありました。

「こ、後退~!!」

「後退じゃな~い!再集結じゃ~!!」


「さ、再集結ぅ~!!」
これがみんなと撮った最後の写真となりました(ナレ死)


リスポーンして前線へ戻る。味方のスナイパー部隊と合流。

「豚トロゲット!」

(一部のバリケに美味しそうな名前が付いていたので情報共有に活用しましたw)

「ロース仕留めた~ロース一丁~」

「はいロース一丁~」

「ロース一丁ありがとうございま~す」
い「ロース一丁ありがとうございま~す天皇陛下ばんざあああああああああああい!!!」

味方が前方の敵を数名排除したため、好機到来と判断。我レ突撃ス。

「バンザーーーイ!!!」

「あ“あ“あ“あ“あ“あ“あ“!!!!」

敵さん「来るぞォォォォォ!!!」
い「あ“あ“あ“あ“あ“あ“あ“あ(パーン!「ぎゃあああああ!!!」

我レ、敵飛行場(敵リスポーン地点)ヘ突入スルモ、猛烈ナル阻止放火ヲ受ケ、玉砕ス。今まで静かだったフィールドが急にやかましくなる。

「ギブミーチョコレェーーーーーィ!ぎゃーーー!!!」

「母ちゃぁぁぁん!!」

チーム一丸となって突撃するも、50mも進めず玉砕。死体の山を築き上げただけでした。誰だよ通用するっつったヤツ。
まぁ、「また来ますね~^^」なんて、行きつけの店を出るときみたいなことを言いながら引き上げていくのですから、そりゃ失敗しますよね・・・。

たまにはこんなゲームもありだな・・・なんて思いつつ、ゲーム終了。


集合写真。万歳した人、された人。

ここ毎週サバゲやってましたけど、今日が1番、下手すると今年1番楽しかったかもしれません。
・・・・・今年はそんだけ三八式での戦果に恵まれてなかったってのもありますけども(# ゚Д゚)

今回はここまで。
慣れない森林戦だったのでボコられるかと思いましたが、思ったよりも頑張れて満足でした。1年前に購入したBB弾でも、管理を怠らなければちゃんと当たるのですね(汗)

ボルトアクションオンリー戦。それは対等な条件で戦う漢のゲーム(ドドン
何時もと一味違ったサバゲを楽しめるので是非1度、参加されてみてはいかがでしょうか。


ではまたお会いしましょう\(^_^)/
のし


  
Posted by いずみや一等兵 at 19:03Comments(2)日本軍サバゲー

2016年10月16日

BARでテンション上がり過ぎた艦娘を爆雷でブスッとね

ずみやです。
ダート定例戦に参加してきました。先月は雨で中止となったので、予報無視で決行。・・・・そんで途中雨が激しくなり5ゲームで中断。ですがホームフィールドでのんびりと楽しい1日でした。


お ま た せ 。
最近BARにハマってる連装砲の人。ご満悦。
BARは射程20m以下ではあったものの、ちゃんと弾が出て、ロマンさえあれば。それで事足りるのです。好きな銃でサバゲする悦びを知りやがって。


BAR。
重い重い。実際重い。けど普段、宇宙戦艦を持ってる連装砲の人、アドレナリンも手伝ってか普通に走り回ってて、いつもの5倍くらい楽しそうでした(;・∀・)
ちな実銃のBARは太平洋戦争では日本兵が登り潜んでいそうな木をミンチししていました。つまり木から落りれば問題ないね()。


そして、「出〇市警装備」の師匠。
密かに週末装備熱を沸かせてるワイ、ちょいと興奮。このダメージ感がたまらんのです。・・・・ううむ悔しい羨ましい。
・・・・でもこれ、本当に市警なn(ターンッ


コチラは今回参加された方々。
初参加の方が多数参戦されました。

んで集合写真。
「すすきが被って顔が写らなくなるから注意してくださーい」と周りに触れ回ったワイ、すすきが被って無事死亡。あとで根本から刈り取るから待っとれ(怒)

因みに今回の集合写真は、新設したやぐらから撮影しました。ワイと連装砲の人とで造ったバリケの上に、2階を設置してみたのです。違法建築みたいとかいうな。

2階からの景色はこんな感じ。なかなかのチーポジ。外見も威圧感抜群で個人的には結構気に入ってます。草が枯れたらさらに射角が増えるんだろうなぁ(遠い目)。


それでは以下ハイライト。

今回は、来週のゲームの練習も兼ねて三八式でのんびり逝こうと思ってたのですが、チーム分けで片方に強い人が集中し、自分のチームは初参加の方が主体となったので、予定を変更して本気武器の電ちゃんで逝くことに(;^ω^)
ちなコチラのチーム、ダート常連は自分と量産型さんのみ。これはアカン・・・・・。
そこで、「私が皆を守るんだから!」って失敗アニメの主人公的発想で、積極的に前線へ。敵の対処がガサツになってしまった先週の経験を活かし、4ゲームで20人以上を吹き飛ばす。ほぼ無風だったので0.20g弾での中距離狙撃も程よく命中。本当は三八式でやるつもりだったんや

しかし、なんとかやれてるぞー。と自信をとりもろしたところで弾薬がほぼ0に。普段あんまし撃たないツケがこんなところでorz



しかし5ゲーム目は雨が激しくなったので、弾薬節約も兼ねて爆雷片手に前線へ。
見つからないように前進し、敵の会話を聞きつつ手頃な敵さんを探す。すると後方から味方の「え!」という声が。・・・・これ、慣れると一瞬で分かっちゃうんですよね。ハイ、隊長です。

い「目標発見。我レ突撃ス」バンザアアアアアア

自らBB弾と化したかのように、吸い込まれるように突進。肉弾とはそんなもの。距離2mまで反撃無し。これは頂いた!
と思いきや、爆雷先端のびょんびょんが当たる寸前で別の味方さんが倒してくださった。サバゲでこんなクロスプレイが出来るとは思っていなかった。・・・ぐぬぬ!
その後、腹いせにBARでテンション上がってる連装砲の人をぶっ叩く。

い「好きな銃でサバゲする悦びを知りやがって!許さんぞ!」ドス(=゚д゚)ニい

連「」)'д`)グハァ

ドカーン!!

い「」)'д`)グハァ

・・・も、先端のびょんびょんではなくメガホンの部分が当たったようで、事実上の不発扱いに。面倒くさい武器ですみません。
結局、5ゲーム目はその爆雷1キルのためにすべての時間を投じ、戦果は伸びず。んで雨が激しくなったためそこで終了。

心配していた初参加者主体のチームも、5ゲームもすると良い感じに動けるようになって、結構楽しそうにやれてました。先輩風吹かしたワイ、無事死亡。



今回はここまで。
たまには苦戦不可避なシュチュでのゲームもありですねー(だんだんtadaさんによる例の爆雷の復讐が激しくなってきたことには触れない)。
この調子でいくと来週のゲームが終わったとき、ワイは原型を留めていないかもしれない(;・∀・)
・・・・・それもまたネタ要員の運命なのかもしれませんな。

ではまたお会いしましょう。
のし



  
Posted by いずみや一等兵 at 20:59Comments(4)サバゲー

2016年10月10日

鳥島交流戦秋の陣。メディックはエリートなんだよ()

 
彼は何処へ向かい、何を目指すのか。・・・・・・あれだ、「人類には早すぎた」で片しとこう。

・・・・はい、いずです。
鳥島交流戦秋の陣に参加してきました。

  
参加者の方々。今回も100人以上の参加者が。これまた凄いことになりそうです。


早速渋滞してる(;・∀・)


んで第1ゲーム。
自分は爆雷片手に出かけたのですが、一切出番無く終了。

 
だって敵も味方もみんな飛び道具使ってるからね。しょうがないね。・・・・戦果ではなく写真ばかりが増えていく。


んでトボトボとセーフティーへ戻ると、いきなり緊急事態発生。爆雷の先っちょのヤツを1本無くしてしまったorz
この日1ゲーム目にしていきなりの紛失物。テンションさ~↑が↓るぅ~↑


けれど、お次はメディック戦。
各チームに5人ずつメディックを配置し、被弾してもメディックにお触りして貰えば復活できるという、カオス不可避なゲーム。テンションあ~↑が↓るぅ~↑

メディック兵はエリートである。
敵弾の中、戦闘と味方の救護を同時にこなすのだ。例え敵の弾幕の中であろうと、「メディック!」と、自分を呼ぶ声がすれば直ちに救護に向かう。身も心もエリートなのだ。実に頼もしい。


そしてコチラは、我がチームのメディック響たん。前回の鳥島交流戦でもメディックとして奔走し、戦線を1人で支えた猛者です。被弾したときは頼むぞ!と期待を寄せ、勢いよく前進!

・・・・・そんでメディック戦の風景。
戦線から1歩下がった位置に陣取り、相手の弾をかわしつつ、味方を救護し戦線を維持するメディックのナインさん。頑張れメディック、負けるなメディック。
しかしお気づきだろうか。ナインさん他、写真の方々は全員黄色チームである。写真を撮影した自分は赤チームである。

・・・つまり、自分は敵に囲まれた状態で被弾し、救護を待ってるということになる。四面楚歌。どう足掻いても絶望。

い「メディッーク!!赤メディーーーック!!!(´;ω;`)」

黄色チーム全員の耳に届きそうなほどやかましい悲痛な叫び。当然助けは来ず、ただ周りの敵さんから失笑をかうだけであった。
この日2ゲーム目にして「虜囚の辱め」を受ける。無念。
と、遥か彼方に味方のメディックが見えた。彼は近くの負傷者の救護を行っている。最善を尽くし、出来る限り多くの命を救ってほしい。そして僕も助けて欲しい(´・ω・`)

って、メディックやられたorz

・・・・結局、助けは来ず、ゲーム終了。チーンicon07


一方のメディック。戦線維持のために走り回ったため休憩中。お疲れ様です^^

と思ったら遊んでいやがる。そんなに元気があるならワイも助けろや()


お次は1時間耐久戦。大人数なので凄いことになりそうですが、先ほどメディックの人たちの体力は何処まで保つのか心配になる(;・∀・)

ゲームは、黄色チームの猛攻によって赤チームが徐々に後退し、結局スタート地点の手前まで後退することに。
そんで本日の戦果0のいずみやは、戦況を覆すことを諦めネタに走る決心をし、前方に敵のタカさんを発見すると、手を振ってちょっと煽ってみた。
するとタカさんも親指を立て、ドヤ顔で煽り返してきた。自分も同じポーズで応えると、今度はお尻ペンペンをしてきた。ちょっと危ないポーズで応える。そして・・・適当に3発程撃ってみる。

タ「ヒットー!!」

い「・・・」

い「よっしゃあ見たかこれが大日本帝国の力じゃああ!!どうだ参ったかあああ!!!とっとと帰れ米帝共ぉ!!!!」


ちょっとテンションが上がってしまいました。この間のお返しなのです()。
その後、武器が全て弾切れ。「とこしえのお別れをry」と訓示を残し、万歳突撃。それも手ぶらでの突撃。氏ぬかと思ったら時間切れで終了。・・・・うん、これやっちゃいけないヤツやorz


そんな感じで午前のゲームは終わり、昼休憩に。
休憩中、抽選会が行われました。

  
1等・2等はなんと、お米30kg^^;
お米と聞いて自分と団長が反応。

自分は5等のゼリーの詰め合わせでした。ありがたく頂戴します^^
なお団長(ry


お次は「隊長戦」


山陰各チームの隊長・副隊長20名と、メディック3名で1チームを組み・・・

残りの参加者約80人と対決するという(滝汗)。
隊長ズはフラッグを20分間守り抜けば勝利となる。80名は隊長ズの殲滅orフラッグ奪取を目指す。

自分はリーパーズの代表として隊長ズに加入。しかし戦力差4倍。これは厳しい戦いになりそうだ。。。
それでも隊長ズは、「1人が4人を倒すだけだから」と励まし合い、苦戦した場合は戦略的後退を行う、といった作戦を練った。猛者揃いで頼もしいこと。足を引っ張らないようにしないと^^;

そしてゲーム開始!


軽機持ちの団長がやぐら2階に腰を据え、1階にはメディックの「量産型ザコ」さんが陣取る。団長が被弾しても即復活。無限撃ち下ろし作戦である()。

団「FOOOOOOOO!!!」barararararararara!!

お米を逃した団長が、敵さんまで逃してなるものかと連続キル。建物1階には空薬莢の雨が降る。エヴァーズみたいに「ふぁ〇く」と言いながら服に入った薬莢を投げ捨てる。
遊んでいるうちに敵が次々と退場していく。敵を効果的に減らせているようだ。しかし相手は80人。数の平押しで攻めてくる。

団「ヒットー!」

量「ほい復活!」

団「よーし!って、弾切れたー!!援護してーー!!」

「カバー!」

「メディーック!」

量「・・・・体力が持たない^^;」

それに対し、こちらは1人1人の責任が重たい。これまたBHDみたいな戦い。

味方「後退!後退~!!」

と、後退命令が出た。後退の声を聞いたら周りの味方に伝達するよう取り決めていたため、混乱することなく後退を終える。この辺りの一体感はちょっとかっこよかったかもしれない。「逃げろ~!!」とか叫んでたけど。


後退が完了。・・・・するも、敵さんは攻めてこない。あれだけ激しく抵抗していた敵が1発も撃ってこなくなったため不気味に思っているのであろう。・・・・きっと硫黄島か沖縄に上陸した米兵と同じ気分を味わっているに違いない。こういった作戦も、大人数戦でしか味わえない楽しみの1つだ。
フィールドが静寂に包まれる。弾を込める者、呼吸を整える者・・・・、迎撃準備完了。ここが正念場だ。しかし敵はなかなか姿を現さない。

「・・・・向こうが来ないならこっちから攻めてやる!」

痺れを切らした味方数名が前進。自分も便乗(そうだよ)。

い「擂鉢山を取り戻せぇ!」

「うおおおお」dokokokokokoko!!

団「FOOOOOOOO!!!」barararararararara!!!

腰だめで軽機を乱射する団長。その姿をとらえた敵さんの反撃が、どうしてか自分に命中。。。

い「ぐふぇヒットォー!!」

量産型さん登場。よく見ると銃も装備も持っていない。自分の命よりも味方の、それも命令違反した味方の命を優先するだなんて・・・・やだ、カッコイイ。メディックの鏡!(疲れたため装備を脱いだだけだったりする)。

その後、時間切れで隊長ズの勝利となる。戦前の苦戦するという予感は大外れの大勝利であった。
なおワイの戦果は0キル4デス。逆ノルマ達成。味方大迷惑。特に量産型さん大迷惑。フィールド内での迷惑行為はやめましょう()。


その他、フラッグ戦や三つ巴戦とかありましたけど、そこまで書くと氏ぬほど長くなるので今回は無し(活躍できなかっただけとも言う)。
こうして鳥島交流戦は終わった。遠方の方々とも交流できて楽しかったです。タカさんにも復讐できましたし。
進行・参加者の皆さまありがとうございました。


今回はここまで。
このフィールドやっぱり面白い。狙撃での連続キルもしやすいし、ブッシュと影が多いので偽装していれば目と目が合っても気付かれにくいですし・・・。いい練習になりました。

それと自分の話ですが、もう少し被弾感度を上げて、オーバーキルとかにも寛容な心を持てるよう努めたいと思いました。ちょっと反省です。

次の交流戦までに心身共に磨き上げていこうと思います。

のし

  
Posted by いずみや一等兵 at 18:04Comments(7)日本軍サバゲー

2016年10月02日

月初め夜戦。「栗林の思惑など知ったことか!」



前回の記事ですが、覆いの隣りに大井っちが来てました。・・・・・・・・・。・・・・・・・・・・・さて今回h「ドコーン!!!(40門の酸素魚雷が直撃した音。

さて、今週は5か月ぶりの夜戦。先週は9か月ぶりDANDAN戦で、来週は3か月ぶり鳥島交流戦。再来週は2か月ぶりダート戦。その次の週は1年ぶりボルトアクションオンリー戦。
数か月に〇回が1か月以内に何回あるんですかね?日本軍に追い詰められて狭い空間に100万人がひしめく陥落寸前のシンガポールばりにキツキツなスケジュールに恐れ戦いております。


ということで今週は夜戦。
ひたすら草の味を堪能し、ライトに照らされたりと、濃ゆい1日でした。以下ハイライト。

「tadaさんjiveさん相撃ち」

チーム全員で前進していると突如、強烈なライト照射と銃声。各員遮断物を見つけて伏せる。

ヒットォ~

被弾する者、反撃する者、距離を取る者、迂回して側面を突こうとする者、頭上を弾丸が飛び交い伏せたまま動けない者・・・。取り敢えず、チーム全員が足止めを食らった。大部隊の待ち伏せを食らったような気になるが、実際の相手はtadaさん1人だけ。
他の敵には裏取り大好き隊長と連装砲の人が居る。このままでは挟み撃ちにされる。フルオート相手に正面からセミオートで応戦するjiveさんを援護しようと、大きな音をたてながら側面へ回る。またも強烈なライトがブッシュを照らしだした。だがライトはこっちを向いてない。これで距離感は掴めた!SOCOMを構える。もう先週のような間抜けな失敗はしn・・・・ライトがこっちを向いた(白目)。

バリバリバリバリ・・・!

咄嗟に伏せる。丁度、相手を撃とうとして身を乗り出していたので直ぐ見つかってしまった。ブッシュが薄くて抜かれそう。でもこれで良いのだ。一瞬でもjiveさんから注意を逸らしてくれれば・・・・(マンガのような戦闘をしてますが実際ただの他力本願です)。

jiveさん射撃。tadaさんも、狙いを即jiveさんに切り替え反撃。

j「ヒット!」

い「ゲッ」

なんとjiveさんがやられちまった。\(^o^)/アッオワタ と思ったら

t「ヒット~!」

直後tadaさんのヒットコールと、jiveさんの「相撃ちか~!」という笑い声が。
そしてワイの脳内は「\(^o^)/オワタ」から、「やった!一先ず助かるぞ!」というジョセフ・ジョースターのセリフに切り替わる。
その後やっぱり裏から例の2人が。5mの距離まで引き付けてから撃つつもりでいたらそのままゲームが終了した。原液で飲んだカルピスばりに濃厚なゲームでした。

最終ゲーム「大将戦」
大将が氏んだら終わりのゲーム。


大将はド派手なマーカーを身に着けて戦う。例によって大将に選ばれました。
ブッシュの中を全員で進んでいると、敵の探照灯照射。その場に伏せー。気分はもう白襷隊。あれ、それって死n(ry

<お~い敵の大将!隠れてないで出てこ~い!こっちは逃げも隠れもしないぞ~!!

敵陣から声が。ここは期待に応えて突撃したいところですが、今出て行ってはガタルカナル不可避。それに、まだ味方もいる状況で大将が氏んじゃうとちょっとアレだよね。と思い踏みとどまる。

ダダダダダダダ!

j「ヒット!」

と、jiveさん被弾。早くも負けを悟るずみや。もう玉砕でいいですか?

「駄目だ!玉砕は許さん!」

その声は!渡辺k・・・じゃなくて栗林閣下!!

「自分の立場を弁えろ!!」

西中佐!

・・・そうだ、ワイは大将。氏んではならんのだ。最後まで戦うのだ。我慢して匍匐していると、どうやら敵の前哨線を突破したようだ。敵探照灯は敵味方問わず照らし出しているので敵の顔も見える。気分はもう舩坂弘。・・・でもそれって撃たr(ry
その敵との距離が縮まってきた。マーカーもしっかり確認。敵!発砲!

「ヒットー!!」

連装砲の人をゲット。しかし発砲音で位置がバレた。探照灯がこっちを向く。このままじゃ近付けない。すると・・・・

<3分間ライトを切りまーす!

敵さんがライトを切った。こっちももう疲れてるので立ち上がる。マーカーは身体の影に隠して接近。すると・・・・

ライト「いずみやめっけ」ピカー

い「」

知ってた。

い「栗林の思惑など知ったことか!!突撃ぃーーー!!!」

い「うおおおおお」ダダダダダタ敵さん「」バララララララララ!!い「)'д`)グハァ」


大将玉砕、ゲーム終了。・・・・・・知ってた。
気付いたら30分以上伏せてました。そして一生分のライトを浴びました。3分間とか強い光とか、ムスカですか。
その後、帰宅したら寝床に草の臭いが充満し、野宿してる気分になりました。


というか夜露で装備がずぶ濡れに。・・・楽しいから許すとしようorz

今回はここまで。
濃厚すぎてお腹いっぱいなのですが、今月は日曜日全部ゲームなのです。・・・・オットーもハーマンも無いんだよォ!!
来週は弾薬節約とボルト戦の練習も兼ねて三八式で逝こう(;^ω^)
長文にお付き合いいただきありがとうございました。
のし


  
Posted by いずみや一等兵 at 18:29Comments(0)サバゲー